カテゴリー別アーカイブ: 嫉妬

お金は欲しいけどセックスしたくない

「お金は欲しいけどセックスしたくないんだよ」とマッチングアプリで声をかけたJKが、バクバクとケーキを食べながら言った。俺たちの目の前には、結構な量のスイーツが並んでいる。某ホテルのデザートバイキングなのだが、それにしても取り過ぎだ。しかし、彼女は普通にご飯を食べるようにバクバクと平らげていく。
俺はJKも好きなのだが、スイーツはもっと好きだ。酒が飲めない体質と言うこともあると思うが、何と言うか、俺はアルコールではなく糖分で酔っ払えるのである。まるで中毒のように毎日コンビニスイーツを買って、独りスイーツを楽しんでいた。
ただ、こう言うデザートバイキングには縁がなかった。男一人で外でスイーツを頂くのはかなり勇気がいる。今でこそ、男のスイーツ好きは市民権を得ているものの、俺が住んでいるような地方都市ではまだまだ肩身が狭い。
セックスしないでお金くれる人と出会いパトロンの意味を理解しました
そこで、女性と同伴しているという設定ならば、周りを気にせずにスイーツを頂けるのではないかと思った。おまけに上手く行けばデザートのデザートでセックスもありだ。こんな流れで俺はマッチングアプリでスイーツに付き合ってくれる援助交際相手を募集して、彼女が釣れたのである。
「私とセックスしたら、おじさん、淫行罪で捕まるよ?」と彼女は取り合ってくれない。お金は欲しいけどセックスしたくない彼女にとって、自分も大好きなスイーツに付き合うだけでお金をくれる俺は神様のような存在だ、と言ってくれた。神と言われて嫌な気はしない。まあ、彼女はかわいいし、JKとデート気分で俺も大好きなスイーツを味わえるなら、別にセックスが無くてもいいだろう、なんて俺は妥協し始めた。
そんな彼女も学校を卒業して就職も決まり、援助交際はこれで最後にすると言う。スイーツ好きのパートナーを失うことは惜しいが、彼女の人生を考えたら仕方がないことだ。だが、お別れの際に彼女は真実を明かしてくれた。
「本当は私、甘いもの苦手だったんだよね」
糖分の取り過ぎで酔っ払った俺の視界に、そう言って笑う彼女の姿がぼやけて見えた。本当に援助されていてのは俺の方だったのかもしれない。
パパ活アプリ
ぽっちゃりしてるけどパパ活がしたい

援デリ

私の夫は大事な1人娘に対してすごく厳しいです。そのせいか、娘は父親のことを嫌っています。20歳になっても門限があるし、家に男を連れてくることを禁止しているし、お小遣いも少ないし、私が娘でも嫌になるなと思ってしまいます。だから、私は夫の帰りが遅い時など事前に分かった時は娘に報告をして夫の厳しさから解放してあげます。
援デリと知らずにJKのエロ垢に2万円を取られて学んだタダマンの方法
そんなある日、夫が娘と一緒に帰宅しました。しかも、娘に対して怒った表情で。何があったかと尋ねると「援デリをやろうとしていた。」援デリ、その言葉に驚きましたがもう一つ驚いたことがありました。それをどうして夫が知っているのか。それを尋ねると今度は夫が黙り込み娘の口が開きました。「パパも援デリの子を使って楽しもうとしていたから。もしかしたら、もうやっているのかもしれない。」「馬鹿者。」だけどその馬鹿という言葉は娘ではなく夫だと思い私が夫に「バカは誰だ。」と、普段大きい声も出さないし怒らない私がキレました。それに対して娘も夫もビビって縮こまっていました。娘に対してはお小遣いが少なく、門限があるからバイトができない理由で援デリをやろうとしたという事だったので、門限を無くしバイトをすることを認めました。主人は反対したいと思うけれど今の私に敵う相手はいません。そして、夫に対しては離婚をしたいのかしたくないのかを尋ね、離婚をしたくないと言ってきたので、まずはお小遣いを半額にさせ私には逆らわないという条件を付け、今回のお詫びに欲しかった物を買って貰いました。
援助交際デリ
援デリ業者