ノンケのちんこ

ゲイなんだけど、一応パートナーいたんだよね。
都内のマンションに二人で暮らしてて、結構楽しくやってたの。
家事の分担にしても休日の過ごし方にしても、気が合うし、なんか家族みたいな?そんな感じだったんだよね。
だけど、一緒に暮らし始めて三年で、そのパートナーに好きな人できたって。
それで別れ話になっちゃって。
相手はノンケだって。ノンケのちんこの方がいいんですか、そうですかーってちょっと不貞腐れて、別れ際、ちょっとケンカっぽくなっちゃったんだよね。
俺の方が雰囲気悪くしてたかも。
だけど三年付き合って家族みたいな関係になって、それでもノンケのちんこがいい、みたいな言われ方されると、やっぱり傷つくよ。
ノンケ食いを夢見てノンケのプロフを見て足跡を付けまくる
「別にその人とどうこうなれるとは思ってない」とは言ってたけど、ぶっちゃけそういうことでしょ?
俺の使い古しのゲイのちんこより、ノンケのちんこの方が魅力的で興味あるんだろ。
だけど、その時のパートナーの気持ち、ちょっと今なら分かる気がするんだよね。
ノンケのちんこの方がいい、とかそういうことじゃなくて・・・家族に対する愛とはまた別の、崇めるような愛っていうのかな。
家族じゃない、イチャイチャするわけでもない、ただその人が心の中にいるだけで世界が色づくような感覚。
その人のためだけに、ストイックになりたい、きれいな身でいたい、そういう感覚。
自分が恋して初めてそういう気持ち分かった。
ノンケのちんこがいいんだろ、みたいな下品な言い方してゴメン、っていつか謝れるといいけどな。
チクニー
クリトリス勃起

お金は欲しいけどセックスしたくない

「お金は欲しいけどセックスしたくないんだよ」とマッチングアプリで声をかけたJKが、バクバクとケーキを食べながら言った。俺たちの目の前には、結構な量のスイーツが並んでいる。某ホテルのデザートバイキングなのだが、それにしても取り過ぎだ。しかし、彼女は普通にご飯を食べるようにバクバクと平らげていく。
俺はJKも好きなのだが、スイーツはもっと好きだ。酒が飲めない体質と言うこともあると思うが、何と言うか、俺はアルコールではなく糖分で酔っ払えるのである。まるで中毒のように毎日コンビニスイーツを買って、独りスイーツを楽しんでいた。
ただ、こう言うデザートバイキングには縁がなかった。男一人で外でスイーツを頂くのはかなり勇気がいる。今でこそ、男のスイーツ好きは市民権を得ているものの、俺が住んでいるような地方都市ではまだまだ肩身が狭い。
セックスしないでお金くれる人と出会いパトロンの意味を理解しました
そこで、女性と同伴しているという設定ならば、周りを気にせずにスイーツを頂けるのではないかと思った。おまけに上手く行けばデザートのデザートでセックスもありだ。こんな流れで俺はマッチングアプリでスイーツに付き合ってくれる援助交際相手を募集して、彼女が釣れたのである。
「私とセックスしたら、おじさん、淫行罪で捕まるよ?」と彼女は取り合ってくれない。お金は欲しいけどセックスしたくない彼女にとって、自分も大好きなスイーツに付き合うだけでお金をくれる俺は神様のような存在だ、と言ってくれた。神と言われて嫌な気はしない。まあ、彼女はかわいいし、JKとデート気分で俺も大好きなスイーツを味わえるなら、別にセックスが無くてもいいだろう、なんて俺は妥協し始めた。
そんな彼女も学校を卒業して就職も決まり、援助交際はこれで最後にすると言う。スイーツ好きのパートナーを失うことは惜しいが、彼女の人生を考えたら仕方がないことだ。だが、お別れの際に彼女は真実を明かしてくれた。
「本当は私、甘いもの苦手だったんだよね」
糖分の取り過ぎで酔っ払った俺の視界に、そう言って笑う彼女の姿がぼやけて見えた。本当に援助されていてのは俺の方だったのかもしれない。
パパ活アプリ
ぽっちゃりしてるけどパパ活がしたい

援デリ

私の夫は大事な1人娘に対してすごく厳しいです。そのせいか、娘は父親のことを嫌っています。20歳になっても門限があるし、家に男を連れてくることを禁止しているし、お小遣いも少ないし、私が娘でも嫌になるなと思ってしまいます。だから、私は夫の帰りが遅い時など事前に分かった時は娘に報告をして夫の厳しさから解放してあげます。
援デリと知らずにJKのエロ垢に2万円を取られて学んだタダマンの方法
そんなある日、夫が娘と一緒に帰宅しました。しかも、娘に対して怒った表情で。何があったかと尋ねると「援デリをやろうとしていた。」援デリ、その言葉に驚きましたがもう一つ驚いたことがありました。それをどうして夫が知っているのか。それを尋ねると今度は夫が黙り込み娘の口が開きました。「パパも援デリの子を使って楽しもうとしていたから。もしかしたら、もうやっているのかもしれない。」「馬鹿者。」だけどその馬鹿という言葉は娘ではなく夫だと思い私が夫に「バカは誰だ。」と、普段大きい声も出さないし怒らない私がキレました。それに対して娘も夫もビビって縮こまっていました。娘に対してはお小遣いが少なく、門限があるからバイトができない理由で援デリをやろうとしたという事だったので、門限を無くしバイトをすることを認めました。主人は反対したいと思うけれど今の私に敵う相手はいません。そして、夫に対しては離婚をしたいのかしたくないのかを尋ね、離婚をしたくないと言ってきたので、まずはお小遣いを半額にさせ私には逆らわないという条件を付け、今回のお詫びに欲しかった物を買って貰いました。
援助交際デリ
援デリ業者

トイレフェラ

中卒の私にはなかなか採用してくれる会社がなくフリーター生活を送っています。そして、今働いているところは工場。そこの工場長が私のことを気に入ってくれて食事とかよくご馳走してくれます。別にいやらしい事はされいませんが、周りのおばちゃんから絶対やっていると陰で言っているせいか、職場での友達は出来ません。別に若い人は働いていないし、友達作りのために働いているわけでは無いからいいかなと思いました。
そして、また工場長にご飯を誘われたので行きました。しかし、今回はいつもと違った感じでした。お酒を飲んでいるせいかやたら私に絡んでくる。しまいには「フェラしてくれたらお小遣いあげるよ。」と、言われました。
トイレフェラ
別にエッチをするわけでも無いし、経験もとっくに済んでいるしいいかなと思い、工場長の車の中でやってあげました。そして、フェラ割りと言ってお小遣いをくれました。「本当は全部やりたいんだけど、嫌だよね。」「生理なので無理です。」「生理じゃなかったらいいの。」「考えときます。」ここから工場長のセクハラが酷くなりました。わざと私にくっついたり、勃っている股間をくっつけたり、正直周りの目がさらに厳しくなりウザくなりました。もうこの職場を辞めるしか無いかなと思った時に、パートの主婦が「工場長、いい加減彼女にセクハラするのやめなさい。彼女が何も言えないからっていい気になるんじゃ無いよ。上に文句つけたからね。」その言葉に驚きました。まさか、パートの人が私のことを助けてくれたとは、その後フェラ割りは一度で終わりましたが、工場長はクビになりました。
F割
プチ援

エロイプ

今の彼女との出会いってエロイプなんだよね~。
エロイプで盛り上がって、それでその勢いのまま「会おうか」って話になって、実際に会ってエッチしたんだけど、それがまたいいんだ。
体もいいし、性格もサバサバしてて、ホテル代も割り勘だったし。
それに何より良かったのが、俺も彼女も喫煙者なんだよ。
エロイプしてた時は、別にタバコの話にならなかったんだけど、会った時に彼女が「タバコ吸うんだけどいい?」って聞いてきてさ。
「全然いいよ、俺も吸うし」ってタバコ見せたら、同じ銘柄の吸ってた。
もうそれで意気投合。
体の相性もいいし、セフレっていうより、なんだろうな、もっと身近な存在になってるよね。
こんな感じで付き合うようになってからも、時々エロイプはしてる。
実際、エッチもしてる関係だから、エロイプじゃ物足りない感じになるだろ。
それがまたいいんだ。
センズリ鑑賞させてその気にさせた歯科助手とオフパコの約束
次に会う時のお楽しみって感じで。
彼女と出会ってから、急に生活が色づいたって感じだよね。
彼女と会う約束してる週、俺、ものすっごいテンション高いみたい。
周りの同僚も「もしかして彼女とデートですか?」なんて言ってくるくらいだから、バレバレなんだろうね。
俺、単純だから。
そういう話を彼女にしたら「私も同じだよ」って言ってくれて。
何気ないやり取りまで愛おしく感じてきてる自分がいて、これは恋?もしかして恋?って、自分でも驚いてる。
エロイプつながりだから、もちろん真剣交際ってわけには行かないんだろうけど、簡単にセフレ関係って言いたくもないな。
素人のマンコ
チャットオナニー

無修正オナニー

無修正オナニーの動画ですっかり騙されたことあるわ。
色白の髪の長い女の子が背中ばっくりあいた下着みたいなの着て、後姿見せてるんだけど、ちょっと振り向きざまに見えた顔だちが端正で「これはそそられる」と思い、見続けてしまったんだな。
無修正オナニーってことは、これから下の方とかアラレモナイ姿が拝めるんだと期待してたわけだよ。
そしたら・・・はらりと首の後ろのひもを解いて下着を取る・・・おっぱいおっぱい!と期待が高まる!
白い肌、乳房も白く、乳首はピンク色でツンツン立っているんだろう、と思いきや、まさかのまな板!
ん?って思ったんだよ。いかにペチャパイとはいえ、無修正オナニーを披露しようという女の子がここまで胸がないということはあるだろうか?と。
だが、肌はキレイで顔だちも端正、幼女趣味にはたまらないかもしれないあどけなさ・・・
センズリ鑑賞
いや、自分は幼女趣味はないよ?さすがにちゃんと生育した体が好きだが・・・。
その無修正オナニーの動画の子、男だったんだよね~。
女装して、無修正オナニーの動画撮ってたの!
胸見て、あれ?って思って・・・そのまま見続けてたら、意外に立派なブツを持ってるんだよ、その子!!
いや、もう下半身爆弾かよ?ってレベル。
外人のでかいやつってあるじゃん、あんな感じ。
端正な顔立ちで、華奢な体つきしてるのに、あんなイチモツ持ってるとはね~。
無修正オナニーの動画って、侮れないと思ったね。
男の無修正オナニーなんて興味ないよ?幼女と同程度興味ないよ?
だけど、つい最後まで見ちゃってた(笑)
ライブチャット動画
オナニー鑑賞

39歳既婚男性自営業の神待ち日記

ハッピーメールという、街にある看板や大きなトラック広告で有名なサイトで知り合った神待ち少女と一夜を共にした体験です。

男であれば一度や二度、若い女の子を後腐れなく頂きたい、なんて妄想を膨らませた事があるのではないでしょうか。
ただ、普通に生きていてそんな都合の良い出会いなどある訳がありません。

ちなみに私は以前1人で車に乗っていて信号待ちをしているときに、見知らぬ若い女の子2人組に車の窓をノックされ
窓を開けてみると、「○○まで送ってもらえませんかぁ~?」と声をかけられたことがあります。

そりゃもう即OKして2人を車に乗せて目的地に着くまでの15分程の間、たわいも無い話をしました。
結果的にそれ以上の事は何も無かったんですが、今思えば言葉は悪いですが軽そうな女の子達だったので、
もうちょっとオイシイお話に持っていけなかったかなぁと後悔している部分もあります。

結局のところ普通に生きている分にはこの程度が関の山で、常々妄想を膨らませていて心の準備が出来ている男以外は
私のような決定的チャンスが訪れたところで、サッカー日本代表のFWばりに決定力不足を露呈する訳です。

では本当に普通の男に若い女子とのムフフな出会いが皆無かといいますと、そんなこともなかったりします。
前述の車での出来事以来、私が目をつけたのが「神待ち掲示板」です。

「○○まで送って」程度の事であれば神待ち掲示板のお世話になるまでも無いかもしれませんが、世の中には
我々が思っている以上に何かと困っている若い女子が溢れているもんなのです。

私の妹も過去にありましたが、若い女子の家出って結構多いんですよ。
で、勢いで家出なんかしちゃった女の子がその後どうするかって、家には帰れないし行くところはないしで
しばらくはフラフラしてるんですが、だんだん心細くなって神待ち掲示板にアクセスし、「神待ち」の状態にはいるんですよね。

神待ちの女の子達が求めているのは金銭ではなく、一時しのぎの場所であったり食事であったりするので
それを我々が「神」として提供してあげれば、お礼にムフフな出来事があったりするんですよ。

イメージ的には神待ちの女の子達はスレた扱いづらい女の子ばかりだと思っている方もいるとは思いますが、
少々強がったところはあっても、神待ちの女の子達は基本的に従順です。
なんてったって人生経験がまだまだ浅いですから、彼女達の求めるものぐらい我々大人は簡単に
見抜けますよね。

場所や食事だけでなく、例えばちょっとした優しさなんかにも神待ち女子はコロっと心を奪われます。
心を奪われた女の子はとにかく尽くしてくれますよ。

普通に生きてたら出会えないような、若い女の子から尽くされる気分は神待ち掲示板の醍醐味です。
「そんな旨い話なんてない」と思うか思わないかは皆さん次第。

少なくとも私はオイシイ思いをさせてもらいましたよ。

31歳既婚男性会社員の神待ち日記

ハッピーメールという、大きなトラック広告や、街にある看板で有名なサイトで知り合った神待ち少女と一夜を共にした体験です。

仕事で出張が多くありまして長い時は2週間ほど地方に行っていることがあります、仕事でありますから物見遊山というわけにはいかないのですが、たまには家族と別れて羽を伸ばせることもあります。
ただし出張先でつまらなく感じてしまうことも多々出てきてしまいまして、とにく社宅の空き部屋で生活をしているのですが一人でボーっとしているのも退屈で、そこで新宿スタジオアルタの近くの大きな看板で見かけたハッピーメールというサイトで出会いを求めてみたのです。
出会い系サイトは随分昔に利用したことはありましたので、ちょっと冒険をしようと思いまして女性を探しだしました。
そこでメール交換を始めた相手なのですがどうやら家出中の神待ちの女性て、お腹空いているし泊まるところもないと泣きついてきたのです。
とにかく待ち合うわせの約束だけして、指定の場所に行ってみるとずいぶんと若そうな女の子がぽつんと座っていました。
自称20歳のユミカは、どう観ても年齢的にはもう少し下じゃないかな?って思えるぐらいに幼さがあり、小柄なせいもあるのかもしれませんがその年令よりも若い感じを受けたのです。
とにかく困っているようですから食材を買い込んで仮住まいの社宅に彼女を付けて帰りました。
寒い時期でもありますから体の温まるものと考えて好きお気にしてあげたのですが、相当の空腹らしくて本当にたくさん食べていました。
「良かったら泊まっていきなよ」と話すと「はい」と嬉しそうな笑顔で答えてくれて、一緒にシャワーを浴びて体を洗いっ子してそのままベッドで一つに。
出張先でまさか若い女の身体を抱くなんて思ってもいませんでしたけど、なかなか刺激的でいいものにですね。
あれからは出張が決まると神待ちの子を探して、楽しむようになってしまいました。